株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

2017年2月 月次パフォーマンス

2月の投資パフォーマンスは

前月末+11.4% (前年末+20.4%)

と好調でした。シンプロメンテ、グランディーズ、エスクリのおかげです。


配当込TOPIXは +0.94% (前年末 +4.44%)
JASDAQ指数は +3.73% (前年末 +7.96%)
JPX日経400は +0.78% (前年末 +0.98%)

となっています。

ポートフォリオ売上の定点観測。PSRが上昇?

個別株投資を勉強して実践している目的は、ポートフォリオの時価総額を最大にすることですが、そのための手段としてポートフォリオの売上に着目しています。

企業の売上を発行済み株式数で割ると、一株当たりの売上が計算できます。例えばそれが100円で、その企業の株を100株所有しているとすれば、100×100=10,000円が、売上の自分の持ち分です。

これまでにも二度、自分のポートフォリオ全体の売上を計算していますので、今日はその推移を見てみます。

  PF予想売上 PF予想純利益 PFの評価額(現金含む) PFのPSR(現金含む)
2015年3月30日 12731669 1011960 10963431 0.861
2016年7月23日 25792860 1202062 12142215 0.471
2017年2月27日 27267887 1146170 17136577 0.628

PSRとは株価売上倍率のことで、時価総額÷売上、あるいは株価÷1株当たり売上で計算できます。


予想売上は前回と比べてあまり伸びていませんが、今年に入って株価が急騰しているため、PSRは下がってしまい割安感が若干薄れました。ただ、シンプロメンテの売上がテスコの子会社化により急拡大予定なので、それを勘案すると実質的にはPSRはまだ0.5くらいしかないことがポイントです。

今後もPSRの低い銘柄を組み入れることで、少ない投資額で効率よくポートフォリオ売上を大きくしていく戦略をとりたいと思っています。

このような考え方で投資していると、自分が会社を持っていて、その売上が3000万円に近いところまで来たこということを実感できます。株式投資を始めたばかりのころに比べるとずいぶん大きくなったものですが、まだまだサラリーマン卒業には程遠いです。

売上3000万円であれば、純利益率5%としたら150万円です。これでは生活できないからです。いつか億単位の話ができるようになりたいものです。


2/24 保有株式評価損益

現在の保有株式評価損益は以下の通りです。

20170224PF


今週はシンプロメンテ、グランディーズ、ハブがよく騰がりました。
また、最近新興銘柄が過熱気味なので、急落にそなえて現金をある程度確保しておこうと思い、まんだらけを900株527円で売却しました。


投資パフォーマンスは
前月末 +13.2%
前年末 +22.4%

となっています。

最近まで1500万円にも届いていなかった資産は、一気に1,700万円を突破しました。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ