株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

決算期の怪しい値動き

今日の保有株含み損益は前日比+21,950円(+0.53%)でした。

ここのところ好調だったナックが-83円(-3.43%)と
急落しましたが、その他は堅調で全体としてはプラスでした。 


ナックやトラストテックといった銘柄は
株関連のニュースで報じられることもほとんどなく、
大きく株価が動くとどうしたものか多少心配になります。 

こんなときヤフーファイナンスの各銘柄の掲示板とか、2ch
を見てみると、アヤシイ書き込みがあったりします。 

トラストテック期待できるのかなあ。

株式投資は生涯続けたい面白いゲームだ

今日の保有株含み損益は前日比-11,090円(-0.27%)でした。
ナックが堅調だった他は全体的に下落しました。
このような下げ方は久しぶりです。


円高で輸出株が下がるのはわかるんですが、
円高の影響をあまり受けそうにない私の保有株も
引っ張られて下がるというところが、面白いです。


株価は、短期的には人間の心理によって合理的でない動きをするな
と実感できた1日でした。
でも明日には売られ過ぎだなと思って買い戻す人が増えたりして
結局元通り、みたいなことはよく起こりますよね。
売買が活発だからこそ、株価に流動性がでて、取引が成立しないとか、
極端な安値放置とかがなくなり、割とまともな(?)株価に落ち着くの
だと思います。


ここでもう一つ重要なことは、頻繁な売買によって増加する
手数料と税金は確実にリターンを減らすことになるということです。
今日みたいな日は利益確定に走りたくなりますが、それによって
とられる手数料と税金は、何%の株価下落に相当するのかよく考えましょう。
株価が下がって同じ銘柄を買い戻したとき、いったん利益確定しない
ほうがお得だったという経験はないでしょうか。

せっかく見つけたお宝銘柄なんだったら、
なおさら信じて持ち続けるべきなのではないでしょうか。


感情を排除してマシンのように行動すれば、もっとリターンを
増やせるかもしれません。でも全員がこのような行動をとれば、
証券会社の利益、国の税収、株価の流動性の全てが悪化し、
手数料増加、増税、成り行き注文でうっかりとんでもない株価で掴まされる
などという投資家の不利益につながりかねません。

投資家の人間らしさが絶妙な具合に存在し、それが、株式投資
をとても面白いゲームにしてるんだなと思います。
来年の税率アップでそのバランスがどのように動くんでしょうかね。

アパレル株が好調

今日の保有株含み損益は前日比+28,720円(+0.70%)でした。
アパレル株が好調で

ハニーズ (+4.07%)
ユナイテッドアローズ (+2.92%)

でした。今朝、日経新聞で男性ファッション雑誌が好調で、
発行部数が前年を3割上回るという記事を読んだので、アパレル業界も
好調なんじゃないでしょうかね。
ハニーズはメンズではないですが…

金曜日の第3四半期決算が期待はずれ(?)だったハブは

-9,500円(-3.29%)でした。

1日の動きに一喜一憂しててもしかたないですが、 
思ったより下げなかったのでよかったです。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
プロフィール

えびたい

アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ