今日の保有株含み損益は前日比+39,200円(+0.68%)となっています。今日は次の通り銘柄の入れ替えを行いました。

売却

ANA 1000株@209円 
ハニーズ 130株@1,268円
ドーン 400株@426円


買い増し

スターフライヤー(SFJ)  200株@2,340円


新規購入

日経インバースETF  20口@3,835円




まず、3銘柄を売却した理由ですが、SFJを買い増しするための資金確保のためです。ハニーズは損切りとなりましたので、3つ合わせて利益確定額はわずか5,000円です。

ANAは私に取って優待の価値が下がり続けているなか、株価上昇も一服した感があったため手放しました。
ハニーズはそもそも買ったタイミングがわるかったと反省しております。ただ、他のアパレル株と比較して、業績が伸び悩んでいましたが株価はそれ以上に低迷していたので、これ以上の下落リスクはないと思い、現金が必要となるまでは放置しておこうと決めていました。
ドーンは利益を出せていませんが、非常に潤沢なキャッシュを抱えているので、現金を保有しているような感覚でした。黒字転換すれば何かの拍子で急騰してもおかしくないと思い持っていましたが、持ってても面白くないので手放すことにしました。



次に、スターフライヤーを買い増しした理由ですが、今期の利益大幅増を確信したからです。優待銘柄としても、羽田→北九州、福岡、関空を使う人にとっては大変ありがたい銘柄です。著名な優待族であるみきまるさんが、たまたま今日のブログ記事で紹介しておられますので、紹介させていただきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/mikimaru71/diary/201305010000/?scid=we_blg_tw01

ほぼ同意見なので心強いです。今後、羽田⇔福岡便を一日10往復から20往復に増便することが決定し、同路線が他路線と比べて好調を維持しているのが買い増しに踏み切った最大の理由です。そして、円安の進行からか、空運業は割安放置されがちですが、景気がよくなれば、円安による燃料費増を補ってあまりあるほど利益を出せると思っています。


次の表はスターフライヤーIR資料からの引用で、月次利用実績速報(4/30発表)のものです。福岡ー羽田便はドル箱路線であり、最近の利用実績が毎月前年比を上回り続けているのを確認しました。これが倍増すると間違いなく利益増が見込めるということがわかります。

01)









最後に、日経インバースETFをちょこっと買ってみたのは、5月は大きな調整が入りそうとみなさん警戒しているように感じるからです。半分遊びみたいなところもありますが。