ついに暴落の日がきましたね。
保有株含み損益は前日比-364,100円(-6.24%)でした。 


保有しているすべての銘柄が下落しましたが、現金は1%くらいで日本株全力投資中です。


この暴落を読めた人はどのくらいいるのでしょうか。いま振り返ってみると、ゴールデンウィーク明けから、株価の変動には違和感があったように思います。日経平均は騰がっても保有銘柄のほとんどが下落したり、特定のセクターだけ異常にボラリティがあがったり、不気味な感じでした。twitterやブログを見ていると、同じようなことを考えていた方も日増しに多くなっていた気がします。

ただし、この手の話はただの結果論で、いろいろとバイアスがかかっている恐れがありますので、相場を読めるなんて思わない方が身のためだと思います。

私は投資歴が短く、上昇相場に慣れていないこともあり、いつ暴落するかなんて全然わかりませんでした(読む気もありませんでしたが)。


将来、最近みたいな急な上昇が続いて不安になってきたとき、他人のものも含め、最近書かれたブログ記事を読み返せば、何かのヒントになるかもしれません。日々感じたことをこれからも長く書き続けて行きたいものです。 

いまも絶え間なく個人投資家たちの生の声がインターネット上に蓄積されています。いつでも当時の投資家たちの雰囲気を振り返ることができます。


便利な時代になったものですが、それでもなお、人間は過去の失敗から学べず、結局は同じ失敗を繰り返すのではないかと思います。だから市場は感情に流されると失敗するようにできており、それは今後も続くと確信しています。


売買を多くしすぎないこと、なるべく少数派にまわることをこころがけ、今は何もせず、ただ黙って保有しておくのみです。

今は言い訳のように聞こえてしまうのは癪ですが、将来この記事を引用して、ほらやっぱりあのとき売らなくて正解だっただろうと言わんばかりの記事を書くのを楽しみにしています。