2013年の年間成績関係をまとまておきます。この作業を何十年も続けられたらと思っています。

まず、年間投資パフォーマンスは+48.1%でした。
月間のパフォーマンス推移は以下の通りでした。
2013月次

年初からの累計で計算すると以下のようになります。 
 2013月次2


サラリーマンとしての給与からの資金投入額は、以下の通りです。

1月 200,000円
6月 100,000円
7月 400,000円
11月 300,000円
12月 200,000円
年間合計 1,200,000円

その結果、証券口座資産総額は、
3,755,131円 (2012年末) → 6,963,765(2013年末)
となり、
資産純増額は +3,208,634
資産増加率は  +85.4%
となりました。

なお、追加資金はいつ入金しても、その月の初めに入金したとみなして月次パフォーマンスを計算し、それを掛け合わせていくことで累計のパフォーマンスとしています。(厳密法、修正ディーツ法などよりも低めに出ているはず)
また、税金、配当金込で計算しています。つまり、税金や配当金を出入金扱いしていません。

日々の資産額を記録しているので、さかのぼって厳密法で計算することもできますが、個人投資家にとってあまり意味のある作業ではないので、積極的にやろうとは思いません。もしちゃんとやればパフォーマンスは少し上がることになり、下方修正はないので、まあいいでしょう。

個人投資家のみなさんは、どんな計算法を使っているんでしょうか?