3月25日の記事で書いたように、paperboy&co.(4/1からGMOペパボに商号変更)への投資を再開しました。
 
chart_paperboy

paperboy&co.(3633) JASDAQ市場 (株価チャートはSBI証券より)

  • 投資指標について

購入時より、すでに100円ほど値上がりしていますが、3/28時点の各指標は以下の通りです。

予想PER 12.11倍
実績PBR 2.88倍
ROE 23.76%
配当利回り 3.32%

最近の私の好みをよく表した銘柄だと思います。
配当性向40%維持を目標としているようで、個人的には高すぎると思っており少し不満ですが、完璧な銘柄なんて見つからないのでまあよいでしょう。

ROE×(100-配当性向)より、
23.76%×60%=14.2%

このROEを長期的に維持できると見込んでおり、株主資本を毎年14%ほど増やしてくれると期待しています。
どういう魂胆なのかと気になった方は以下の記事も参考にしてください。

 関連記事



  • 気に入っている事業内容

主力事業はホスティング事業で、売上の70%を占めています。
具体的にはレンタルサーバービジネスで、毎年順調に契約件数を伸ばしています。自分でホームページを作ろうとした経験があれば、ロリポップ!というレンタルサーバーを知らない人はいないと思います。

このホスティング事業は不景気の影響をあまり受けないストックビジネスだと考えており、いつか成長は頭打ちになったとしても、毎年堅実に利益を稼ぎ出してくれるでしょう。

この利益はEC支援事業(オンラインショップ構築)、コミュニティ事業(ブログ、電子書籍)の成長にうまく使ってもらって、業界での存在感を高めて、高い利益率を維持して欲しいなと思います。


  • 投資の方針 

長期保有で比較的安全に資産を増やしていけると思っており、その点はハブと似ています。
ただ、本銘柄の場合、突如として株価が暴騰することがあります。インターネット関連銘柄にありがちなこの現象が起きたら、短期の保有でもいったん手放す可能性は全く否定しません。

冒頭で示したチャートのように、1年間持っていたら一回はこういうチャンスが訪れるんじゃないかなと思っています。