株式投資を始めるのは早ければ早いほどいいと思います。私は24歳で始めており、現在投資歴3年目です。

理由は一つ、これに尽きると思います。

  • 複利の力を活かせるから

これは誰でも意味はわかっても、実感しない人も多いのではないかと思います。私の場合は投資歴3年目にしてようやく実感が湧いてきました。
日々の資産額増減も確認していますが、その金額もブログ開始当初とくらべるとずいぶん大きくなったからです。ずっと続けていれば、一日で100万円以上上下することも普通のことになるでしょう。

fukuri


グラフはこちらの複利計算&結果表示で作成しました。

3,000,000円を年利15%で複利運用すると
20年後に49,099,612円、約16.37倍になります。
単利では 12,000,000円となり、その差は 37,099,612円です。


だそうです。増資を考慮すればもっと凄まじい金額になるわけですが、これでも十分終盤の伸びが大きいことがわかります。20年目には年間630万円も増やせるのです。これは、いまの私の資産額に匹敵しますが、決して20年後に今より難しいことをする必要はないのです。

100万円を200万円にするのと、1000万円を2000万円にするのとではどちらが容易でしょうか。いろいろな意見があると思いますが、長く投資を続けて、資産を増やしていけば、ますます資産を増やすのが簡単になると思っています。もちろん資産が大きくなりすぎるとまた別の問題で苦しむと思いますが、兼業個人投資家レベルの資産額ではあまり気にしなくてよさそうです。


さて、中途半端ですがこの話の続きはまた明日にしたいと思います。


ツイッターでのみなさんの意見によれば明日は下がるそうですが、長期投資派からすればチャンスが訪れるということですから、ワクワクしないといけませんね。