4/11にハブが14年2月期決算を発表しました。決算自体は増収増益で素晴らしかったのですが、 同時に発表した中期経営計画を受けて月曜日、火曜日と続落しています。

ここ数年で古い店舗の改装を行っていくようで、 しばらく出店ペースが鈍化する見込みとなっており、今年は大幅な減益を見込んでいるようです。

個人的にはこの中期経営計画は控えめな数字と見ていますが、ここまで大規模な改修が行われることや、出店をこんなに減らすとは私は予想していませんでした。どうやら、今年の減益はどうしても避けられないのかなと考えています。


ハブに関してはこれまで自信たっぷりに投資した理由を書いてきたわけですが、その自信はかなり失われてしまいました。店舗の改装費が他の飲食業に比べてかからないというのが強みだと思っていたので、今回の発表はショックではあります。 

 関連記事


また、 長期的なリターン予想も大きな下方修正を余儀なくされそうです。以下の記事の説得力が落ちてしまいました…修正版を書こうかな。

 関連記事

 

平日は仕事があるので、月曜日に上手く売り抜けるということはできなかったわけですが、今週末にでも、ハブへの投資についてはもう一度よく考えてみたいと思っています。

希望的観測としては、今年の6月に開催されるW杯で日本が活躍して月次売上が好調で短期筋が流入…とか考えられますが、今回は時差が大きいのであまり効果はないかも知れませんね。