今日はほとんどの銘柄が下落し-31,900円でした。

硬直状態が続いていて、個人投資家たちの勢いもなくなってきているのがわかります。ここにきて、株価対策(?)のためにNISAの制度を見直すという話もあるようです。


2013年前半のものすごく簡単で美味しい相場のイメージが抜けないのか、みんな材料探しに必死になっている感じがします。本当の買い場は、だれも株式投資に目を向けなくなってからやってくるものです。なんでも買えば騰がるというタイミングは、もう何年も来ないと思っていたほうがよいと思います。


やはり、相場ではなく企業自体を見ることを基本にしたいです。連続最高益を続けるような企業を見つけ出し、そこそこ安い株価で取得するだけという、言葉で書くと簡単な作業をやるだけです。この試みは多くの場合、心理的な問題で途中で失敗します。だからしつこくブログに書き続け、余計な欲を排除し続ける必要があるんです。


私の保有株ではトラストテックとか、アサンテとかが、上記の作業が上手くいきつつあるケースだと思っています。