今日は-19,600円(-0.28%)と少し調整が入りました。

その中で、アサンテは+47円(+3.77%)の1,294円となり上場来高値を更新しています。これでもまだPERは10倍を切っているので、短期的にもまだまだ上昇の余地はあると踏んでいます。

成長企業で、上位の市場に鞍替えする予定の銘柄を上手く仕込むことに成功した例として、私の投資法の確立にとても貢献している銘柄だと思います。


この方法のいいところは、

①EPSの成長による株価の上昇
②上位市場、特に東証一部への変更に伴うPER上昇による株価の上昇

これら両方が見込めることです。
しかもこれは足し算ではなく、かけ算で効いてきます。つまり、①で10%の上昇、かつ②で20%の上昇が見込める場合、
1.1×1.2=1.32なので32%の上昇が期待できます。(10+20=30%の上昇とはなりません)


さて明日は会社四季報夏号の発売日です。保有株の業績予想はどうなっているのか、非常に楽しみです!