PERの逆数は株式益回りと呼ばれます。

例えば、PER15倍であれば株式益回りは1/15 = 6.67%となります。

不動産投資や債券投資などでは利回りという言葉は一般的ですが、株式投資の世界ではなぜか逆数のPERばかり使われるのはなぜでしょうか。

でも、配当利回りはよく使われます。個人的には、配当利回りとPERを並べて書かれると違和感を感じますので、株価配当金倍率(PDR=Price Devidend Ratio)なる用語を作るか、PERを使うのをやめるかしてほしいくらいに思っています。

そして、配当こそが投資家の利益であり、株式益回りの意味がわからないという人をよく見かけます。(こういう人は大抵目先の利益が大好きだ)


今日は、株式益回りという言葉をもっと普及させるため、それが他の投資分野における利回りと同じなんだという説明をしたいと思います。簡単のため、税金を無視します。


①株式投資の場合
株式益回りが6.67%であれば、15年で元が取れる計算になります。(PER15倍)
例えば、100株150万円の株を1000株買って、EPSが100円というケースです。

仮に、企業が稼いだ利益を全部配当に回す(=配当性向100%)なら株式益回り=配当利回りです。ただし、EPSを維持したまま15年も配当性向100%を続けられる企業は存在しないと思われます。利益の一部を内部留保として設備投資等に使うのが通常です。したがって、配当として投資家の手元に入ってくる現金を15年分足し合わせても元をとれないのですが、内部留保に回った利益が企業のEPSを維持するのに使われていれば、その株式をそれなりの価格で売却できますからそれを考慮すると最終的に利益が出る可能性があります。


②不動産投資の場合
実質利回りが6.67%であれば、15年で元が取れる計算になります。
例えば、1500万円でマンションを買って、毎年の利益が100万円というケースです。

家賃収入から諸経費を引いたものが投資家の利益です。最初の一年はその利益がまるまる手元に残りますから、配当性向100%の株を保有しているようなものです。ただし、修繕費などの追加費用無しで15年も同じ家賃を取り続けられる大家さんは存在しないと思われます。利益の一部を修繕費等に使うのが通常です。したがって、不動産投資の利益として投資家の手元に入ってくる現金を15年分足し合わせても元をとれないのですが、修繕費がマンションの家賃を維持するのに使われていれば、そのマンションをそれなりの価格で売却できますからそれを考慮すると最終的に利益が出る可能性があります。



やや無理矢理ですが①、②を同じ流れで書くことができました。株式益利回りは他の金融商品で使われる利回りと似たものだとわかります。①、②どちらも、15年保有した後売却したとして確実に元を取れるとは言っていません。"出口戦略"次第で投資のリターンは当初の利回り以上にも以下にもなります。以上、当たり前の話でした。


"出口戦略"は投資家の腕の見せ所ですが、一般的に株式投資の方が不動産投資より"出口戦略"をたくさん経験できるので好きです。