8/12に新規購入したもののブログであまりにも触れていないので駐車場綜合研究所(PMO)について書きます。

現在の投資指標は以下の通り(今期会社予想ベース)

PSR 0.26倍
PER 10.6倍
PBR 1.55倍
ROE 14.6%


小型で地味で、PBRも低くない銘柄なので、PER10倍超えというのは全然割安に見えません。しかし、マイナーな指標であるPSRという観点からみると非常に魅力的に映ります。PMOの今期会社予想純利益率は2.27%しかありませんので、これが改善した時の利益の伸びは爆発的なものとなります。大化けの可能性ありとしてポートフォリオに忍ばせておく作戦です。今後資金を追加でき次第保有比率を高めようと目論んでいます。



勝てるROE投資術」風にROEを三分割すると

売上高純利益率 2.27%
総資産回転率 2.73
財務レバレッジ 2.36

検算してみると、ROE = 2.27% × 2.73 × 2.36 = 14.6%なのでOK 


利益率が低めであるにもかかわらず、ずば抜けて高い総資産回転率のおかげで、かなり高いROEになっていることがわかります。(総資産回転率は売上高÷総資産で計算できますが、東証1部の過去十年の平均は0.96とのことです)


勝てるROE投資術」には、"高ROE銘柄を、買ってはいけない"という章がありますが、私の意見としては例外的にPSRが低ければ買ってもいいんじゃないかなと思います。PSRが低い株には、一時的に利益率が低迷している銘柄が多いからです。

高ROE銘柄への投資が報われない最大の原因は、高い利益率が他社の参入等で激しい競争の結果低下することだと思われます。ボロい商売を長く続けることは難しいということです。(利益率の回帰性)

これは逆に利益率が低い銘柄を狙うのもアリということを示唆しており、私はそんな銘柄を探すためにPSRを積極活用しています。今年は結果が出ていませんが。。。