株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

投資スタイル

シンプロメンテの株価をPSRの観点から予想する

シンプロメンテが乃村工藝社との資本・業務提携に合意し、乃村工藝社の子会社であるテスコ社を完全子会社化します。この発表により、シンプロメンテは先週金曜日にストップ高となりました。さらに、株価は今日月曜日も堅調でした。

28年2月期の両社の売上は、シンプロメンテが49億円、テスコが90億円となっており、シンプロメンテは二倍近い売り上げの会社を飲み込む形になります。

テスコ社が直近決算で赤字なのは気になるところですが、単純合計で売上は139億円と現在の2.8倍になり、大きく成長するチャンスをつかんだことになります。


ただ、ネット上では適正な株価がいくらなのか、よくわからないという意見が散見されますので、私の好きな指標である、PSRをチェックして考えてみたいと思います。


PSRになじみがない方はこちらの記事『書籍紹介 ケン・フィッシャーのPSR株分析 −市場平均に左右されない超割安成長株の探し方』をご覧ください。

直近のPSRの推移は以下の通りです。(数値は四季報予想売上ベース)

2/16 (提携発表前)  0.59倍
2/17 (提携発表後) 0.72倍

そして今日、2/20時点では0.82倍となっています。

まだ1倍未満なので、特別高いとは思えません。なぜPSRがこんなに低いのかというと、利益率があまり高くないからなのです。だからシンプロメンテを買ったのですが、そのときの考察を記事にしていました。(『グランディーズを売ってシンプロメンテを買った理由』参照)

PSRに注目すると、PERに縛られていると見えないことがわかってきます。利益率が改善すれば一気にPERは小さくなるんですね。

そのときの爆発力はすさまじいので、私は低PSR銘柄が大好きです。



最後に、捕らぬ狸の皮算用を行います。

テスコ社の今期売上がそのまま来期売上に足されると考えると、来期予想売上は55億円+90億円=145億円になります。この売上をベースに今の予想PSRを計算すると…

なんと…

たった0.31倍です。(2015年7月にシンプロメンテを新規購入したとき、このくらいでした)


ここからさらに2倍、3倍になったとしてもまだPSRは1倍以下です。よって、数年で株価5,000円は超えてくると信じています。



わざと儲からないようにしているという言い訳

保有株は相変らず軟調です。エスクリは株主優待(クオカード)のおかげで500円~600円の範囲で踏みとどまっているように見えます。

ちなみに私は株主優待は余計なコストだと思うのでどちらかといえば反対の立場です。株主優待がなければもっと下がっているでしょうし、そうであれば買い増しするのですが…

今のエスクリに対する自信に相応しい保有比率に自動的になってしまったので、何も動く必要がなくなりました。あと一年くらいは様子を見てあげようと思っています。株式投資は苦しい時期の方が長いので忍耐が必要ですが、それを乗り越えるといいことが待っています。(たぶん)


逆に辛いからといって儲かる確率ばかり追い求めると長期的には市場に負けると思います。今たまたま上手くいっていても、それはまぐれです。


最後に、負けている時の言い訳として、お気に入りの一言を引用します。

私はできるだけめったなことでは儲からないように努めている。
 

ルックスルー利益を考える (やる気をなくしているわけではない)

最近更新回数が減っていますが、今年に入って株価が暴落しているのとは特に関係ございません。心配してくださる方々、ありがとうございます。私は元気です。


現在プライベートで3G回線しか使えない後進国に出張中で、その回線もかなり不安定なのでブログの管理画面にアクセス困難な日も多いです。会社の事務所からならつながりますが、公私混同となるので遠慮しています。来月からは日本にいますので更新頻度が戻る予定です。


ようやく保有銘柄の決算短信に目を通すことができたので、前回記事「2/12 保有株式評価損益」にいただいたコメントに返信する形で記事を書きたいと思います。みなさまいつもコメントありがとうございます。


Gurgoyleさんのコメント

”日経がこうなることは予測していたので、エスクリはマイナス金利の時に少し軽くしていました 
といっても他の銘柄はその時に全部処分したんですけどね

残しておいたエスクリでこんな事が起きて残念ですが、幸い余力があるのでPTSで買い込みました
残す銘柄と切る銘柄はこれからの局面で大事になると思います
あと余力も大事だと思います” 



えびたい返信

エスクリのトレードが上手くいってよかったですね。私は直撃を食らいましたが、これも実力なので仕方ないです。

私の場合買い付け余力は常に少ないですが、現金(外貨含む)も別口座にある程度保有していますので、本当に買い場だと思ったら証券口座への入金ペースを上げて対応したいと思っています。




株式初心者さんのコメント


"こんばんわ。
だいぶ株式市場には嵐が吹いてきましたね
自分はがっつり含み損ですが、なんとか株式市場にい続けたいと思っています!こちらも拝見して、自分を励ましています。
今後も末永く更新期待しています。

*ところで、PFの写真が、今日の終値と違う気がしますが、今日のものでしょうか?"



えびたい返信

含み損はつらいですが、退場だけはしないようにお互い頑張りましょう。このブログは末永く続けるつもりです。

PF画像についてのご指摘ありがとうございます。手違いで先週分をアップロードしていたようですが、すでに差し替えました。




まんだらけホルダーさんのコメント

">>あまり過信しすぎて真似をしていると、いつか痛い目にあうと個人的には思います。

この個人投資家ランキングに関するえびたいさんの言葉に感銘を受けました。
でも今やっていることは、昔の仰られていることと真逆ですので冷静になってほしいです。


>> それらの銘柄の評価額は、一年後には現在のROEの分だけ成長してくれるはずです。

PERが常に不変であるという物理法則みたなものでもあれば株価は
上がりますが、現実にはPERは変動し続けていますので、
利益さえよければ大丈夫というのは現実逃避にしか見えません。
えびたいさんの過去記事で私も結構もうけさせてもらったので心配です。
余計なお世話でしょうが・・・。 "


えびたい返信

エスクリを主力にしたのは自分の判断であって、たまたま個人投資家ポートフォリオランキング1位と一致しているだけです。まあ、証拠はないので真逆ととらえられても仕方ないと思いますが…

一年後には現在のROEの分だけ成長してくれるはずだというのは言葉足らずでした。おっしゃる通りPERの水準は一定ではないので、利益の増加分以上に株価が上がる一年間もあれば、それ以下にしかならない一年間もあるでしょう。ただ、長期的に見れば、それらは均されて利益の推移と株価の推移は連動するものと考えています。

そういう考え方なので利益さえよければ大丈夫です。(もちろん考え方は人それぞれだと思います)
各銘柄のEPSに、保有株式数を掛ければ、いわゆるルックスルー利益が計算できますが、その合計は下記の通り、決算シーズンの前後で114万円から108万円に下がってしまいました。



ルックスルー利益021416

エスクリの下方修正による利益減はかなりの痛手ではありますが、今回の決算シーズンで上方修正した銘柄も複数あったので、かなり緩和されました。業績予想の修正や決算発表があるたびにこの表を更新していますが、そのたびに一喜一憂するのではなくて長期的に考えることが大事だと思います。

ちなみに、以前はこれをポートフォリオ利益と呼んでいましたが、バフェット氏がルックスルー利益と呼んでいるらしいのでこれからはこの呼び方にします。

約1年前に書いた下の関連記事では、ルックスルー利益は約101万円でした。現在は108万円なので増えていることは増えています。
このルックスルー利益の最大化を投資の目的としていますので、決して現実逃避ではありません。株価は上がったり下がったりするでしょうが、長い目で見るとルックスルー利益の伸び率と連動するはずです。

 関連記事




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ