株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

月次パフォーマンス

2018年1月 月次パフォーマンス

1月のパフォーマンスは、

-2.67%

でした。

配当込TOPIXは +1.06%
JPX日経インデックス400は +1.10%
JASDAQ指数は +7.19%

となっています。

年始早々にシンメンテHDを売却して100万円ほど税金を源泉徴収されたのが響いています。
シンメンテHDのかわりにアピックヤマダを買いました。シンメンテは今後も投資家に大きなリターンを与えると思いますが、今後数年のスパンで考えたらアピックヤマダに分があると判断しての入れ替えです。

税金に関しての扱いですが、利益確定した時点で損失扱いでパフォーマンス計算に入れています。

投資ブログを書いている人で、パフォーマンスの計算方法を明確に示している人はほとんどいない印象ですので、私のやり方が普通なのか、変なのか、よくわかっていません。


2017年12月 月次パフォーマンス

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

前回記事で同じことを言っているのであまり意味はないですが、儀式として12月の月次パフォーマンスを記録しておきます。


12月の月次パフォーマンスは

+4.19% (年度末+95.9%)

でした。


配当込みTOPIXは (第一営業日発表予定)
JASDAQ指数は +1.73% (年度末+42.8%)
JPX日経インデックス400は +1.24% (年度末+18.1%)

となっています。
ちなみに、私のポートフォリオをファンドと見立てて2012年末を10,000円とした場合の現在の基準価額は34,948円となり、5年で3.5倍になったことになります。これは上記指数を上回っています。


JPX日経インデックス400のパフォーマンスは見るも無残なものですね。高ROEが選定基準の一つになっている同指数ですが、高ROE株は”全体として”大したリターンを上げないんだなということが実感できました。高ROE株を買ってはいけない、という人もいるくらいですし。

でも、飛びぬけたリターンを上げる株は高ROE株の中にいると私は思っていて、そういう株を発見し、強い握力で持ち続けることを目標にしていました。2017年はそれが実った一年だったんじゃないかなと思います。


ROEについて私がどう考えているかについては、こちらの記事『書籍紹介 勝てるROE投資術』をぜひご覧ください。



2017年11月 月次パフォーマンス

11月の投資パフォーマンスは
前月末 +6.09%
前年末 +88.1%

でした。

11月は保有株の四半期決算があり、ハブが東証1部昇格するなど株価は概ね好調でした。また、ハンズマン損切り、エスクリ買い増しを行いましたが両方正解だったと言えそうです。

運用資産総額は2,800万円を超えて、年初と比べると倍になりました。

なお、

配当込TOPIXは +1.48%(前年末+24.2%) 
JPX日経インデックス400は+1.58%(同+16.6%)
JASDAQ指数は+4.54%(同+40.4%)

となっています。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ