株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

私の本棚

書籍紹介 ケン・フィッシャーのPSR株分析 −市場平均に左右されない超割安成長株の探し方

書籍紹介も10回目を迎えました。

最近私が気に入っている指標はPSRですが、これを使い始めたのはこの本を読んだ影響です。『フィッシャーの「超」成長株投資』の著者であり、あのウォーレン・バフェット氏の投資法にも影響を与えたフィリップ・フィッシャー氏の息子が著者ケン・フィッシャーです。

スーパー株式とは? 

本書では「スーパー株式」を以下のように定義しています。

・3〜5年間で購入時よりも株価が3〜10倍となる株式
・不良会社と同水準の価格で購入できる「スーパー企業」の株式 

ここでいうスーパー企業とは、実質15%(インフレ調整後)で毎年成長する企業のことです。

つまりスーパー企業の株式をある水準より安く買えたとき、それがスーパー株式となります。これを探し出すための方法論を説明したのが本書と言えます。

例えば私の保有株のトラスト・テックは2010年〜2015年において平均年率15%以上成長していますのでスーパー企業です。


PSRを考えることの意味


スーパー株式を見つけるには、PSR(Price Sales Ratio)、株価売上倍率という指標を理解し、使いこなすことが重要とのことです。PSRは時価総額÷売上(または株価÷一株あたり売上)で計算できます。


PSRはPERに似た指標ですが、著者はPERという指標が嫌いだそうで、PERの欠点とPSRの素晴らしさについて熱く語っています。ここで、PSRとPERの関係について考えてみます。売上に純利益率をかけると、当たり前ですが純利益になります。一株あたりで考えても同じことなので、

一株あたり売上×純利益率=一株あたり純利益(EPS)

これを変形してPSRとPERの関係が導かれます。

PSR=PER×純利益率

これからわかるように利益率はPSRとPERを結びつけるものです。例えば、PSR=0.75倍とは純利益率7.5%の企業にとってPER10倍で評価されていることに相当します。


私の理解では、PERだけによる株分析を利益率分析(ファンダメンタル分析)とPSR分析(バリュエーション分析)とに分解することで、成長株に対してより深い分析ができると著者は言いたいのだと思います。これがPSRを考えることの意味だと思います。


本書ではPSRを補うバリュエーション分析法としてPRR(株価研究費倍率)という聞きなれない概念も紹介しておりその考察部分は一読の価値があります。

また、ファンダメンタル分析法としての利益率分析に関しても、将来的に利益率の拡大をもたらすものは何なのか、注目すべき事項を丁寧に説明しています。このあたりは数値化が難しくどうしても芸術の域を超えませんし、必ずしも著者に同意できない部分があるのですが、株式投資の醍醐味はここにあるんだと思い楽しく読むことができました。


本書の後半ではたくさんの実例とともにPSRの使い方が紹介されています。1980年代の本なので、登場する企業の事業内容こそ古臭いですが、投資した企業が大きなリターンをもたらすストーリー(著者の自慢話)については、今読んでも違和感がありません。今も昔も株で大儲けするパターンは変わっていないと思います。


私の投資法との関係


成長企業の利益率はその成長過程において大きく変動するものです。一時的に利益が減少し、場合によっては赤字となり、株価は大きく下落します。これを著者はグリッチと呼んでいます。


グリッチは成長企業ならばほとんど避けて通れないものですが、人はそれに文句を言うもので、本質的な価値以下に株価が暴落してしまいます。でもやがて再び軌道に乗り、株式市場での人気を取り戻すことで、利益の伸び以上のペースで株価が上昇することになります。旧)エナフンさんの梨の木で紹介されている、Jカーブ上昇の概念と近いものがあります。


上で書いた今も昔も変わらない、株で大儲けするパターンとはまさにこのことで、その買い時と売り時を判断するのに非常に便利な指標がPSRなんだなと、気づかされました。買うタイミング次第でスーパー企業の株式はスーパー株式にも普通の株式にもなるのです。

ちなみに2015年4月現在、保有株のまんだらけは予想PSR0.56倍で、グリッチに陥っている可能性があると考えています。まあ、違うかもしれませんが、ホームランを狙っている以上多少の失敗はつきものです。


オススメしたい読者層 


原典がそうなのか、翻訳のせいなのか不明ですが、読みやすい文章ではありません。投資経験が少ない方には向かないと思います。そのような方はまずは他の本で勉強しましょう。


PERやPBRを使った割安株投資に関しては多くの投資本がありますし、ブロガーさんもたくさんいらっしゃるので、勉強するのは難しいことではありません。しかし、PSRとなると極端に情報量が少なくなります。他人を出し抜くためには、他人が使っていない情報を使うことが有効であり、PSRを理解することで投資力の幅が広がることは間違いありません。ということで中級者以上の方にオススメします。


本書はPSRを使う投資家にとってのバイブルのような存在だと思います。最後に株式投資で大きく儲けるためにいつも覚えておきたい一文を引用します。
最も収益性の高い普通株投資は「若くて急成長中で、今のところウォール街での人気が今ひとつ」という銘柄からもたらされる

サラリーマン投資家の私が選ぶ、おすすめ投資関連本まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはゴミのような投資本があふれています。そしてそんな本に限って書店の店頭に並んでいますから、良書を求めるならば都市部の大型書店に行くか、ネット通販を活用しましょう。最近は名著の中古本がずいぶんと値上がりしたなあという印象です(2015年1月現在)。

そうは言っても、投資本を読み漁った経験が少ない場合、どれを選べばわからないという方も多いことでしょう。そこで私がこれまでに読んだ投資関連本のうち、人様に勧めてもいいと思えるものをリスト化してみました。特におすすめしたいものについては私の書いた書評にリンクを貼っています。皆様の参考になればと思います。

株式投資


資産運用全般

  • ウォール街のランダムウォーカー 株式投資の不滅の真理
  • 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
  • 天才数学者株にハマる 数字オンチのための投資の考え方
  • 投資戦略の発想法2010
  • 投資信託はこの8本から選びなさい。
  • 投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識
  • なぜプロの投資家はサルに負けるのか?―あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
  • 敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか
  • バフェットとソロス勝利の投資学
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3 錬金術入門篇

金融・経済・ビジネス

  • 池上彰のやさしい経済学(1) しくみがわかる
  • 「お金」って、何だろう?僕らはいつまで「円」を使い続けるのか?
  • 経済ってそういうことだったのか会議
  • 決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法
  • 個人投資家がマーケットで勝てない本当の理由―ファイナンス理論が証明する投資の真実
  • 図解 ビジネスファイナンス
  • 世紀の空売りー世界経済の破綻に賭けた男たち
  • 道具としてのファイナンス
  • 21世紀の資本
  • ブラック・スワン 上・下
  • まだ「ファイナンス理論」を使いますか?―MBA 依存症が企業価値を壊す
  • リスク〈上〉―神々への反逆
  • ROEが奪う競争力―「ファイナンス理論」の誤解が経営を壊す

行動経済学

  • 経済は感情で動く (はじめての行動経済学)
  • 行動ファイナンスで読み解く 投資の科学―”お金は感情で動く”は本当か?
  • ずる 嘘とごまかしの行動経済学
  • 世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)
  • たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する
  • ファスト&スロー(上・下) あなたの意志はどのように決まるか?
  • まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

運・ギャンブル


 

以上です。今後も定期的にこのリストを更新したいと思います。おすすめの本がありましたら是非紹介ください。

注)
他にも多数読んで(目を通して?)いますが、おすすめできないものはここに記載しません。なお、全体的を通して素晴らしいとは思わなくても、一部でも参考になる部分があれば載せています。

書籍紹介 勝てるROE投資術

久々の書籍紹介。今回で第9回目になります。

私は投資本をこれまでにたくさん読んでいますが、それらのほとんどを古本屋で購入しています。書店の投資本コーナーに並ぶ比較的新しい投資本はほとんどがゴミだと思っているので、中古が出回っている名著をたくさん読むほうが圧倒的にコストパフォーマンスがいいからです。

でも今日は珍しく新刊を紹介したいと思います。



他の投資本とここが違う! 

「勝てるROE投資術」というように、人を食ったようなタイトルこそついていますが、立ち読みをしてすぐに巷にあふれるゴミのような投資本とは違うとわかりました。

「○億円稼いだ方法」などという本が、根拠のない儲けのテクニックを並べているのに対し、この本には楽に儲ける方法は書いていません。過去のデータをわかりやすく整理しながら、日本株に限って言えば、高ROE株への投資は儲からない(正確には儲からなかった)と述べています。単にデータを示すだけではなく、鋭い考察がなされており、この部分だけでも読む価値があります。


では、タイトルにもある勝てる投資術とは何なのか、ということになりますが、この世は不確実であるという前提のもと、
少しでも儲かる可能性の高いときに、少しでも儲かる可能性の高いものに投資を行うことが肝要である。
という当たり前のことを主張されています。


私が思うに著者の最大の主張は

少しでも儲かる可能性の高いときというのはまさに今のことで、少しでも儲かる可能性の高いものとはROEの高い企業である

ということです。

高ROE株は儲からないと言っておいて何なのかと混乱するかもしれません。詳しくは是非本を手に取って読んでいただければと思いますが、その理由は納得できるものでした。

過去に高ROE株が儲からなかったという事実は、今後も高ROEが儲からないということとは全く関係がありません。それをよく承知した上で、真っ当に考えて将来を予測するしかないのだろうと思います。


投資する価値の低い企業を、たくさん上場させ続けてしまったことへの反省をすべきときが今まさに来ていると言えるでしょう。市場は投資家の力でよいものに変えることができるし、そう努力すべきなんだなと思いました。我々投資家自身が、日本の企業のROEを高めて、持続させるため努力を惜しまないことで、高ROE株への投資が報われる時代がやってくるのでしょう。


私の投資法との関係


お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、私は高ROE株に投資するのが好きで、実際に現在の保有株のROEは平均的な日本企業のROEを上回っています。現在の投資法に自信を深める結果となりました。

高ROE株の集合体が高いパフォーマンスを出さないのは事実だが、高いパフォーマンスを出す一部の(真の?)高ROE株を見つけることは可能だと確信したこと。そして「国策に売りなし」という投資格言も後押ししてくれているということ。この二点がその理由です。


高いROEを持続できる企業が高いリターンを生むのは間違いありません。重要なのは言うまでもなく、高いROEを持続できる企業を一体どうすれば見つけることができるのか、ということですが、そのヒントが本書にはちりばめられています。

理念もなく、利益も稼げない企業は市場から退場させるべきです。(それを妨げるインデックス投資は嫌いです)
日本の市場は遅れながらも、少しずついい方向に動いていると思います。

いつも意識しておきたいと思った一文がありました。
実業と理念のバランスは、資本主義の要諦である。

オススメしたい読者層 

文章は平易で読みやすく例え話もわかりやすく、好き嫌いはあると思いますが、著者はちょっとしたユーモアのセンスをお持ちのようです。一方で、書いている内容は投資初心者には高度だと思います。

この本を読んで何を言っているのかわからなければ、読解力不足ではなくて、投資の勉強不足だと言うことが明らかになりますので、そう言う意味で投資初心者にこそ有用なのかも知れません。とっつき易いとは思いませんが、わからなければ他の本なりインターネットで勉強を続けましょう。まずはROE(自己資本純利益率)とは何かを理解しましょう。いつか後で読み返してわかる時がきます。

他の怪しい投資本にまみれて忘れ去られるのは惜しいと思い、紹介させていただきました。売れるタイトルをつけるのは出版社として当然のことなのかも知れませんが、それにしてもなんとかならなかったのかなあ…



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ