株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

株式投資と心理学

大幅下落でいちいち動揺しない

今日の保有株評価損益は前日比-238,600円(-1.97%)と大幅に下落しています。全銘柄が下がりました。


一般的には、金額が同じなら、利益よりも損失のほうが心理的衝撃は大きいとされています。長い目で見ていくら資産を増やすことができても、頻繁に自分の資産額をチェックしている人は、不幸な気分になる可能性が高いと言えます。


100万円の資産があったとして、100日間のうち55日は一万円資産が増えて、45日は一万円資産が減ったとします。すると資産は110万円になりますが、一万円増える喜びより一万円減る喜びの方が心理的衝撃が大きいので(一説によれば2.5倍大きい)、毎日資産を確認したらトータルでは不幸な気分になるということです。100日に一回しか確認しなければ確実に嬉しい気分になるはずです。


それをわかったうえで、私は毎日資産額を記録しています。感情に打ち勝ち理性を保っていれば問題ないはずです。今年は損していますが、今のところ平静を保っており、今日の下落もなんとも思っていません(多分)。これもこのブログを続けてきたおかげだと思っています。
 

PERによる銘柄選定とそれを補う指標について [実践編]

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の続きです。今日で一旦この話は打ち切ります。

PERとPSRを使ったスクリーニング例

私のおすすめは以下の基準です。

PER 10倍以下 かつ PSR 1倍以下

PSRは会社四季報や投資情報サイトには通常掲載されていませんが、PER×純利益率=PSRという関係を使えば、PER5倍で利益率5%ならPSRは0.25倍でOK、PER8倍、利益率15%ならPSR1.2倍なのでNGといった具合に判定できます。


例えばPER5倍というのはかなり低いですが、それだけで飛びつくのは危険です。今の利益率が例外的に高いことが原因でPERが押し下げられている可能性があります。PSRを組み合わせることで、異常に高い利益率の銘柄を自動的に避けることができます。

PER10倍、利益率10%、PSR1倍という銘柄Aはボーダーライン上にあり、良くも悪くもないように感じます。

心理学との関係

PERによる銘柄選定に代表されるバリュー投資には、今は割安な株式もいずれ妥当な価格で評価されるはずだという前提があります。私が行っているPSRによる銘柄選定ではいずれ利益率かPER、あるいはその両方が上がるはずだという前提で投資します。


二つに共通するのは、「いずれ」というのがいつのことかわからないことです。


裏を返せば、いつ上がるかわからないからこそ、敬遠され、安値で放置されていると見ることもできます。人は利益を目の前にすると、そこに小さな損失の可能性しかない場合でも、利益の確保を優先してしまいます。逆に損失を目の前にすると、その裏に大きな利益の可能性があっても損失の回避を優先してしまします。(注1)

人間の心理が、いわゆる「岩の心電図」(注2) 状態の株価チャートを作り出すのです。

これは自然の摂理であり、絶対に覆ることはないと確信できたとき、万年割安放置されている株や低い利益率で低空飛行を続けている銘柄にこそ魅力を感じるようになってきます。たまたま発見した銘柄が岩の心電図状態に陥っており、かつPERと PSRが上記の基準にあてはまるのであれば、自信をもって買い進められます。


注1) ピンとこない方は「プロスペクト理論」を調べてみてください。
注2) 岩の心電図については「ピーターリンチの株で勝つ」を是非読んでみてください。

やるなら企業の成長+αを狙え


株式投資は長期的に考えると企業の利益成長からリターンを得るものですが、PSRが低い株を狙うことで、企業の利益成長率以上のリターンを得る権利を得られます。保有期間中のPSRの上昇分が、企業の利益成長によるリターンにプラスされるからです。このリターンの源泉は何かと言うと、PSRを低いまま放置した人間、つまりリスクを過度に嫌った人々の財布です。(この人たちは、いざ株価が上がり始めると慌てて戻ってきて高値掴みをすることで、低迷する株価に耐え続けた投資家にリターンをもたらすことになります)

リスクをとらない人は株式市場を介してリスクをとる人にお金を支払っているようなものです。

長い目で見ればリスクは取ったもの勝ちだと信じており、これからもこの考えを曲げないつもりです。

関連記事


言ったことを実現するために、しつこく言い続ける

今日はほとんどの銘柄が下落し-31,900円でした。

硬直状態が続いていて、個人投資家たちの勢いもなくなってきているのがわかります。ここにきて、株価対策(?)のためにNISAの制度を見直すという話もあるようです。


2013年前半のものすごく簡単で美味しい相場のイメージが抜けないのか、みんな材料探しに必死になっている感じがします。本当の買い場は、だれも株式投資に目を向けなくなってからやってくるものです。なんでも買えば騰がるというタイミングは、もう何年も来ないと思っていたほうがよいと思います。


やはり、相場ではなく企業自体を見ることを基本にしたいです。連続最高益を続けるような企業を見つけ出し、そこそこ安い株価で取得するだけという、言葉で書くと簡単な作業をやるだけです。この試みは多くの場合、心理的な問題で途中で失敗します。だからしつこくブログに書き続け、余計な欲を排除し続ける必要があるんです。


私の保有株ではトラストテックとか、アサンテとかが、上記の作業が上手くいきつつあるケースだと思っています。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ