株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

アサンテ

アサンテから撤退

昨日、アサンテを保有している900株すべて売却しました。これが今年初の取引です。

取得単価は843円、売却単価は1,250円でした。保有期間は約1年間で、約50%増やすことができたのでこの取引には満足しています。


365,972円の利益確定となり、特定口座のため74,346円が徴収されました。



金曜の決算短信発表で、思い描いていたストーリーが崩れ去ってしまいました。 株主優待でもらえる商品券のおかげなのか、業績のわりに思ったほど下がらなかったので迷いなく全部処分しました。


以下の記事に書いている①と②の効果のうち、東証1部上場により②がなくなった今、私にとっての魅力度が大きく下がってしまっており、ポートフォリオのクビレース1位の状態だったのです。

関連記事

 

買うときは結構じっくり考えるわりに、売りの決断はあっさりしていると自分でも思います。アサンテは持ち続けても損はしない銘柄だと思いますが、欲張りなのでもっと儲かる銘柄を保有したくなっただけです。

買い付け余力が150万円ほどになりましたが、もう少し増やして、今年も夏〜秋にかけてNISA枠を発動させられればなと思います。
 

アサンテが絶好調

今日は-19,600円(-0.28%)と少し調整が入りました。

その中で、アサンテは+47円(+3.77%)の1,294円となり上場来高値を更新しています。これでもまだPERは10倍を切っているので、短期的にもまだまだ上昇の余地はあると踏んでいます。

成長企業で、上位の市場に鞍替えする予定の銘柄を上手く仕込むことに成功した例として、私の投資法の確立にとても貢献している銘柄だと思います。


この方法のいいところは、

①EPSの成長による株価の上昇
②上位市場、特に東証一部への変更に伴うPER上昇による株価の上昇

これら両方が見込めることです。
しかもこれは足し算ではなく、かけ算で効いてきます。つまり、①で10%の上昇、かつ②で20%の上昇が見込める場合、
1.1×1.2=1.32なので32%の上昇が期待できます。(10+20=30%の上昇とはなりません)


さて明日は会社四季報夏号の発売日です。保有株の業績予想はどうなっているのか、非常に楽しみです!

 

アサンテがJカーブ上昇中

昨日の記事で保有株の決算が出揃ったと書いてしまいましたが、ユニバーサル園芸社の発表が今日でした。大変失礼しました。詳しい決算内容は週末にゆっくり確認することにしますが、まずまずだったようです。


今日は値下がり銘柄がひとつもなく、評価額は大幅上昇となりました。特に

アサンテが+67円(+6.42%)の1,110円

と急騰しています。上場来高値の1,195円に届くのも時間の問題ではないかと思います。

chart-asante-0514

(チャートはSBI証券より)

アサンテのチャートはエナフンさんがいうところのJカーブ上昇の形になってきました。今後も期待しています。




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ