株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

シンプロメンテ

シンプロメンテは順調そうだ

保有株評価損益ですが、昨日は+10,600円、今日は-6,400円と大きな動きはありません。

本日、シンプロメンテが第2四半期決算を発表しました。営業利益、経常利益、純利益いずれも前期比+100%程度の大きな伸びとなっています。経常利益の対会社予想進捗率は89.3%となっており、業績予想の上方修正も期待できます。

前期も下半期はあまり利益が伸びなかったので過度な期待は禁物ですが、ひとまず安心しています。


今回の発表内容で注目すべきは、

また、突発的な設備・機器の不具合発生を未然に防ぎ、スムーズな運転状況も維持する「予防メンテナンスサービス」 につきましては、複数社から大型の案件を獲得したことで、大きく受注数を伸ばしました。

(シンプロメンテ株式会社(6086) 平成28年2月期 第2四半期決算短信より)

という部分ではないでしょうか。以前書いたように、私はこの銘柄の利益率が低いことに注目して保有しており、その利益率の改善に賭けています。

予防メンテナンスというのは、一度受注できれば長期間にわたって安定した収益をもたらしてくれるストックビジネスだと思われるので、引用した上記の文章は利益率の低い同社にとって非常に重要で、将来の利益率改善を期待させてくれます。

 関連記事

テンバガーは狙って獲るもの

昨日の保有株評価損益は-6万円ほどの微減でマザーズ指数は上がっていたわりにイマイチでした。まんだらけの8月月次は良かったと思うのですが、反応なしです。


シンプロメンテが売りものがなく特別買い気配となっていましたが、出来高0でした。10月の四半期決算で爆発しそうな予感がします。

同社は今後3年間で経常利益10億円(9.5倍増)を目指すと公言しています。本当に実現したら、PERは今のままでテンバガー(10倍株)が狙えるかもしれません。


現在は各銘柄に数百万円程度投資していますので、テンバガーを達成したとしても、資産は数千万円位にしかなりません。早く1銘柄数千万円規模で勝負できる資産を築きたいです。そうなれば、一つでもテンバガーを達成するだけで、数億円を手にすることができます。


そんなに上手くいくわけがありませんが、テンバガー達成した後に、実は狙っていたといっても説得力がありませんので、今ここで狙っていると宣言しておきます。

 

多分人生初のデイトレード

今日の保有株評価損益は-101,600円(-0.96%)でした。日本コンセプト以外が売られました。



週末にこんなことをつぶやいていました。もちろん単純にシンプロメンテから資金が移ったわけではないでしょうが、今日は三機サービスは+9.23%、シンプロメンテは-3.96%と思った通りの結果になってしまいました。

そんな三機サービスの板をボケッと眺めていたら、だんだんいけそうな気がしてきたので恐らく人生初のデイトレをしてみました。下記の通り、1861円で買い、1890円で売り、10分くらいで一万円儲かりました。


02)


完全にまぐれですが、デイトレードはサラリーマンを卒業したら本気で取り組んでみたいです。


さて、今日は中国市場が-8%の暴落でした。今後どうなっていくのか知りませんが、主力のまんだらけだけは大丈夫だと思っています。リーマンショックも大した影響なく乗り越えていますし。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ