株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

トラストテック

トラストテック大幅増益。でも織り込み済み?

今日の保有株式評価損益は前日比+48,400円(+0.41%)でした。

先週金曜日にトラストテックが第2四半期決算を発表しました。


売上高+18.0%、経常利益+23.1%、純利益+28.5%と素晴らしい決算でした。さらに増配も発表しています。

しかし、経常利益1623百万円はコンセンサス予想1600百万円をわずかに上回っただけで、会社予想の1800万円とはかなり開きがありました。すでに株価に織り込み済みだったということでしょうか、今日の株価は微減でした。


来期の会社予想経常利益は2,300百万円、コンセンサス予想は1,930百万円とまたも開きがあります。コンセンサス予想を達成するだけでも満足できる成長率なので、株価の動きは気にせず、まだまだ保有を継続するつもりです。


決算発表を前に、日本コンセプトとエスクリが徐々に上がってきていますので楽しみです。特に日本コンセプトは、海外事業は円安により、国内事業は原油安による国内化学会社の活況により大幅増益間違いなしと予想しています。
 

保有銘柄の決算は厳しい

企業の決算発表もピークを迎えていますが、保有株の中ではトラストテックとグランディーズがすでに四半期決算を発表しました。

少し前に、意気込みを語りましたが、両方とも期待外れに終わりました。

通期の経常利益予想に対する進捗率は、

トラストテックが第3四半期で59.9%
グランディーズにいたっては第1四半期でわずか2.9% 

となっています。トラストテックは事業環境がかなりいいので、あまり心配していません。大量採用した新卒者が売上に寄与して最後に盛り返すと思います。

グランディーズは普通に考えたら目標達成は厳しいと思います。


私が保有株を売るのは、他の銘柄に乗り換えた方がいいと思うときです。保有株の株価が上がったり下がったりすること自体は、売る理由にはなりません。

どうするかよく考えようと思います。

トラストテックが5倍株に

昨日の保有株評価損益は+0.31%と微増でした。相変わらず日経平均にはついていけませんが、トラストテックが最近絶好調です。

トラストテックの含み益は+400%を超えています。つまり買値から5倍となりました。


ここから2倍になれば、ブログ開始から初のテンバガー達成となります。予想PERは20倍程度と同業他社と比べて特に高いわけではないので、このまま順調に売上、利益を伸ばしてくれれば近いうちに達成できるものと楽観的に考えています。


同社のビジネスは人材派遣業です。利益成長は、社員一人当たりの売上はさほど増減しないでしょうから、いかに社員数を増やすかにかかっています。 

派遣及び請負人員の数は2014年12月時点で約4000人となっています。 2012年12月は約3000人でしたので、年率約15%の伸びで増加しています。ちなみにこれはほとんどが中途採用による増加です。


同社は今年4月に300人の新卒社員を採用しています。来年は450人、再来年は600人の予定だそうです。
上記の中途採用社員の増加に加えて、これらの新卒社員の増加もありますので、派遣人員が数年で現在の倍である8000人に到達しても不思議ではありません。


そうです。あと数年でテンバガー達成できると考えています。




 


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ