株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

勉強法

書籍紹介 億万長者をめざす バフェットの銘柄選択術

今日は、「億万長者をめざす バフェットの銘柄選択術」を紹介したいと思います。

書籍紹介は今回で第8回目で、バフェット本の紹介をするのは初めてです。


  • 他の投資本との違い

メアリー・バフェット、デビット・クラーク著の "The Buffettology Workbook" を翻訳したものです。Buffettology(バフェットの投資学)がワークブック形式でまとめられており、 銘柄選択術を学びながら実行できる、非常に実践的な本となっています。

各章の最後には、自習問題というものがついており、その章で学んだバフェットの投資術を練習することができます。ただ読むだけ(インプットするだけ)のほとんどの投資本と違い、問題に答える(アウトプットを出す)ことで、本当に自分が内容を理解したかすぐに試すことができ、よく内容が練られています。世にあふれる何が言いたいのかわからないバフェット本とは一線を画す貴重な存在だと思います。


例えば、「第13章 バフェットが高ROE企業を好む理由」での自習問題には、

ROEの高さは、投資に対する収益率にどのような影響をもたらすか。

という問いがあります。個人投資家で、はっきり具体的数字をつかって説明できる人がどれほどいるでしょうか。

答えを理解するため、この章を繰り返し読んだ結果、私の投資法は最近ますますROEの高さを重視するものに変わってきています。


  • 読むのをお勧めしたい人


「そこそこの事業を素晴らしい値段で買うよりも、素晴らしい会社をそこそこの値段で買いたい」
というバフェットの言葉があります。

これを聞いて、なるほど!と思えた人はなかなかのセンスの持ち主です。そうとわかってても素晴らしい会社とやらを選ぶには一体どうすればいいんだ!と思った人に読むことをお勧めしたいです。


  • すごいところ

この本のすごいところは、読者に銘柄選択術を学ばせながら、資本主義経済において本当に優れた企業とはどのようなものかを暴いていくところだと思います。

どんなビジネスが素晴らしいビジネスなのかということがわかるようになる、という意味では、投資家だけでなく、企業の経営戦略、企画部等で仕事をしているサラリーマンが読んでも、気づかされることが多いのではないかと思います。

サラリーマンとしていま私が関わっている仕事は、株主にとって真の価値を持つ事業なのだろうか、と自問自答したら、自分の会社の経営陣を見る目が変わってしまいました。


バフェットは投資家として素晴らしいだけでなく、経営者としての能力もずば抜けたものを持っているみたいです。

 

書籍紹介 ピーターリンチの株で勝つ -アマの知恵でプロを出し抜け-

第7回目にして2014年最初の書籍紹介は、ピーターリンチの株で勝つ[新版] -アマの知恵でプロを出し抜け- (原題ONE UP ON WALL STREAT Millenium Edition) です。

株式投資を始めた頃の原点に帰るためによく読み返す一冊となっています。



「典型的なアマチュア投資家が典型的なプロのファンドマネージャーに対して優位性を持っていることについて、私の確信はいささかも揺るいでいない」 by Peter Lynch
 
と言う言葉がありますが、この確信とは何なのかをこの本を読むことで学ぶことができます。 


  • 対象読者
     
今までに投資本を読んで内容が理解できず挫折してしまった経験のある人には特にオススメします。文章は非常に読みやすく、難しい用語も出てきません。日常の言葉で例えてくれるので、投資初心者でもスラスラ読めることでしょう。

世の中には難しい用語や数式ばかり並んだ投資本もたくさんあり、それはそれで役に立つことが多いですが、これから株式投資を始めようという人が読んで挫折してしまうとしたらもったいないことです。


そもそも、"個人投資家"が株式投資で資産形成するのに、難しい知識やテクニックはいらない。


と、私は思います。この本を定期的に読み返して、自分がその銘柄で儲かると思ったストーリーは何だったかを思い出すことで、大きな失敗を避けることができると信じています。したがって、株式投資初級者から上級者まで、どんな読者も読んで損することはないはずです。


  • お気に入りの部分

第8章では、投資対象の選別に当たって最も重要な13項目について述べられています。 その第1の項目が特に印象に残っています。それは、

(1) 面白みのない、または馬鹿げている社名

です。実力の割に期待されていない会社を見つけるための第一歩として、これが一番わかりやすい方法です。これを意識して銘柄を選べば、実力以上に将来を期待されている銘柄を勝ってしまう確率をかなり下げられるのではないでしょうか。


  • 私の投資手法との関係

私の現在の保有銘柄のすべてがピーターリンチ的な視点から考えて購入を決めたものであるというわけではありません。(バフェットの本もよく読みますし)

しかし、ピーターリンチの挙げる13の項目は銘柄選定において非常に重要なチェックポイントですので、今後新規銘柄を購入したときに残り12の項目についても紹介していきたいと思います。

株で儲けるには、安く勝って高く売ればいいだけのことで、そうするためには何に注意すればいいかについてこの本はわかりやすい言葉で説明してくれており、いつの時代にも通用するアドバイスばかりです。基本を大切にし、2014年もいい年にしたいものです。

個人投資家にとって大事なことは心理について勉強すること

昨日ハブのことに言及したばかりですが、そのハブは今日もさげて-175円(-4.56%)となっています。理由は不明ですが、気にする必要はないと思います。


私は、日々の値動きが気になってしまうとき、投資本を読んで落ち着くことにしています。


もしあなたが上昇相場で興奮してしまい、下げ相場ですっかり落ち込むようなことがあるとすれば、それは考え直した方がよい。ブレーキをかけなさい。散歩に出て頭を冷やそう。さもなければ、あなたはすぐに群集心理に取りつかれ、何かをしなければ気がすまなくなる。
敗者のゲーム」第15章 個人投資家に取って何が問題か より


ここ数日は大型株が好調です。私の保有株は低調です。だからといって、出来高上位にいつもランクインするような銘柄や、TOPIX連動のETFに乗りかえるなど、何かをしなければと思っていつもと違うこと(プロとの真っ向勝負)をやろうとすると失敗します。


群集心理に取りつかれたサラリーマン個人投資家は、プロと同じ土俵で、時間的制約という大きなハンデを背負って戦うことを強いられるのです。つまり、市場に勝とうとすると、とんでもない運か、ずば抜けた能力が必要となるということです。


財務諸表とかチャート分析とかの勉強をあまり必死になってやっても、プロと同じ土俵で勝つのは難しいと思われます。それなら投資家の心理について勉強する時間を増やし、なるべくプロとの真っ向勝負を避ける方法で戦いたいものです。

群集心理にとりつかれてばかりだと、財務諸表とかチャート分析の知識を身につけていることが、逆にデメリットになりかねません。下手に知識がある人ほど、何かしなければと思ってしまいがちだからです。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ