株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

勉強法

書籍紹介 東大卒医師が教える科学的「株」投資術

東大卒医師が教える科学的「株」投資術を紹介したいと思います。これは久々となった書籍紹介の第五回目です。
"機械的に"投資の意思決定をすることで、市場平均より大きなリターンを得られる可能性が高いことを丁寧に説明した、数少ない本だと思います。


  • 概要
とても素晴らしい良書ですが、絶版のため入手困難になりつつあり、中古価格は定価より高くなっているようです。著者のKAPPA氏は現在はブログ『医学と投資についての随想』を執筆しておられます。


KAPPA氏は、テクニカル分析を否定し、ファンダメンタル分析も報われない努力だと言います。これらは以前私が紹介した、敗者のゲームまぐれを読んでも納得できることだと思います。

ではパッシブ運用をすべきという話なのかというとそうではなく、KAPPA氏はパッシブ運用については、負けないゲームではあるが決して勝者にはなれないと主張しています。明らかに市場は効率的ではなく、アノマリーが存在するためインデックスファンドやETFに投資する気になれないとのこと。著者が提唱する方法で市場に勝てるというのですが、その方法がEBI(Evidence-based Investment )です。


EBIとは具体的には低PER戦略、低PBR戦略など有名なバリュー系ファクターによる投資法や、財務、収益性ファクターやそれら複数のファクターを組み合わせる戦略などです。多くの投資本で言及されていることばかりではありますが、比較的薄い一冊の本に、根拠となる文献とともに図や表で分かりやすくまとまっているという点が非常に貴重だと思います。


  • 本当に有効な投資法なのか?

過去の統計的事実から未来を予測するのは、いつも正しいとは言い切れません。しかし、この本で紹介されているエビデンスは、人間の本質に深く関わっていることが示唆されていますので、未来においても有効である可能性が非常に高いと思われます。


この本を読むと、投資家が人間の心理について学ぶことの大切さを痛感します。EBIの手法を信じて投資するのであれば、他人の心理など考えず、もちろん自分の心理も無視して機械的に行動することになりますから、心理について学ぶ必要はないのかも知れませんが…。とはいえ、エビデンス自体が、人間が陥りやすい行動パターンから生まれているアノマリーですから、間接的に心理学の成果を利用していることになります。


この本で紹介されているようなアノマリーは昔から指摘されてきたものも多くあるにも関わらず、今日でも有効のようです。アノマリーというものは、それが知れ渡ると効果がなくなるはずです。それは、みんながその手法を使いだすと、当該銘柄の株価が騰がってしまいリターンが打ち消されるからですが、こういう本が絶版になるような世の中ですから、安心してエビデンスとして使って大丈夫だと思います。

だから、今のところは、エビデンスに基づいて投資すれば、だれでも簡単に超過リターンを上げられると言えそうです。実際に、KAPPA氏は次のように書いています。

このことは、他の機械的銘柄選択法すべてに当てはまるでしょう。多くの投資家が1年以上の単位で投資を考えないからこそ、機械的銘柄選択法は今後も有効であり続ける可能性がきわめて高いのです。 


  • お気に入りの部分

私がこの本で気に入っている部分は第五章業績予想のエビデンスです。その中に、ファンダメンタル分析はプロの力を利用する、とあります。これは、業績予想の数字を鵜呑みにするのではなく、投資家の反応を予想するというものです。PERや時価総額で銘柄を分類し、業績予想の修正があったときの株価の反応について示したグラフは必見です。低PERの銘柄は業績予想が修正されても株価が反応しにくい、というのは実感として持っていました。それはどうやら本当のようです。上方修正であってもすぐには株価が騰がってくれないということですが、かなり長期にわたってプラスの超過利益を出すという傾向が示されています。


低PER銘柄は、業績予想修正があっても株価の反応が鈍い。ということは下方修正が発表されても逃げるのが簡単です。また上方修正で株価に反応がなくても、サラリーマン投資家なら、気長にひたすら待つ戦法が使えます。(これは短期で結果を求められる機関投資家には難しい)
低PER戦略というものは、まさにサラリーマンに向いた投資法と言えるでしょう。


ある企業が素晴らしい業績をあげるかどうかを分析する力が高いだけでは、投資で大成功するのは難しいのではないでしょうか。本当に重要なのは、実力に対してどの程度評価されているかを見抜く力だと私は思っています。また、市場から無視された銘柄を中心に狙っていくのが、労力の割にリターンが大きい方法だとも思っています。これらの考え方はこの第5章を読んでよりはっきりしたものになりました。


  • 所感
すでに述べたように、この本は非常に素晴らしい本であることは疑いの余地がありません。あえて批判的な意見を言うとすれば、売却のタイミングに関しての記述が曖昧な印象を受けました。最後は自分で考えるべきということでしょうか。また、必ずしも割高ではないが、ポジションが大きくなりすぎたとき売却を検討するとありますが、これには疑問符がつきます。分散投資を勧めている文章において、無理にそれほど割安でない銘柄を組み入れるのは避けるべきで、手段と目的を混同しないようにしましょうと書いてあるので、少し矛盾があるとも言えなくはないと思います。


最近書店では投資本コーナーが拡大傾向にありますが、近所のブックオフでは、投資本のコーナーが縮小していることに気づきました。投資本の需要が拡大し、中古本は供給不足にあるようです。個人投資家の保有する投資本数が急増している証拠ではないでしょうか。私も負けじとこれからもたくさん本を読みたいと思います。

個人投資家におすすめの勉強法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人投資家のみなさんはどのような方法で投資の勉強をしていますか?サラリーマン投資家である私の例を紹介したいと思います。

何で学ぶか

1.投資本

私は時間があれば投資本を読んでいますが、ほとんど役に立たない本もたくさん混ざっているので、注意が必要です。(店頭の投資本コーナーのほとんどが怪しい)


役に立つ投資本はえてして店頭に並んでいません。売れる本と評価の高い本は必ずしも一致しないことは、小説や新書でも同じですが。


Amazonなど、他人のレビューを見ることができるサイトはかなり便利で、熱心な長文レビューがたくさんかかれ、評価の高い本を選べば間違いを起こす確率はかなり減らせるのではないかなと思います。また、時間がある人は古本屋をまわってみるとよいかも知れません。数千円の名著が数百円で売られていてびっくりすることもあります。

2.ブログ

他の個人投資家のブログもチェックしています。多くのブロガーが本の紹介を行っていますので参考になります。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

これらのランキングに私も参加していますが、順位は低迷中です。私のやる気をアップさせたいと思っておられる場合は、応援クリックお願いします。

あとは、
個人投資家パフォーマンスランキング
でもいろんな投資家のブログを発見できます。

何を学ぶか

投資家全体で考えると、市場平均程度のパフォーマンスをあげらる人のほうが少数派です。敗者のゲームの中で、個人投資家のための十戒というものが書かれています。その中で私が重要だと思っているものをひとつ紹介します。

数字や財務諸表でなく、人間の心理についての勉強に集中すること。
(中略)
あなたの運用の結果はあなたの思い通りにならない。しかし、相場の動きに対してあなたがどう反応するかは、あなた自身で決められる。 

心に染みる文章です…いつか来る大暴落が楽しみになってきますね。何年先になるかわかりませんが、暴落時が、長期的に見て平均以上のパフォーマンスをあげられる、最大のチャンスだと考えています。

事業計画や財務諸表を丹念に読み込み、プロを出し抜いて超過リターンを得続けるというチャレンジは、魅力的ですが、できるのはごく一握りの投資家のみであり、私はあきらめています。それが引用文中「あなたの運用の結果はあなたの思い通りにはならない」ということです。

それよりも、人間の心理を学び、それが引き起こす株価の歪みから超過リターンを得るほうが、はるかに容易だと思います。プロと違って失敗を許されている個人投資家は、スタート時点ですでに心理的に優位に立っているのです。「相場(=プロ)の動きに対してあなたがどう反応するかは、あなた自身で決められる」という当たり前のことをいつも忘れないようにしたいです。


いつか訪れるチャンスを気長に待てるように、「まぐれ」や「ツキの科学」を何度も読み返し、心を鍛えております。

株とは何かについては、「世界一やさしい株の本」を読めば私にとってとりあえずは十分でした。

まわりを見渡すと、短期的には自分より圧倒的に儲けている人があまりにたくさんいて、あせることもあると思います。しかし、資産運用は自分の心との戦いであり、長期的に資産を増やすことが目的です。資産運用の失敗のほとんどが、心理的なものが原因となっていることは、過去の他人の失敗を検証してみれば明らかです。

何十年も株式市場に生き残り、このブログで記録をつけ続けられたらなと思います。 

書籍紹介 ツキの科学 運をコントロールする技術

書籍紹介第四回目は、「ツキ」の科学 運をコントロールする技術です。投資で成功するために一番重要なのは運である、という持論をこのブログで主張してきましたが、その考えの元となっている本です。

 はじめに断っておきたいことですが、これからする話は決してオカルト話ではありません。私自身、理系出身で職業はエンジニアですから、自然科学の有用さを人並み以上に理解していると思っています。その上で、投資で人並み以上に成功するには自然科学的(理性的)アプローチだけでは不十分だと感じ、心理学の本や、理系人間からすると、かなり怪しげな本に思えるこの本を読むようになりました。


まず、運とは何であるかについての考察が長々と書かれており、興味深いことは確かですが、ここはそんなに真剣に読まなくてもいいかも知れません。単純なランダムを制御すること、例えばコインを投げて表か裏かを5割以上の確率で当て続けることは、不可能だと思いますし、できると主張するのは単なるオカルトだと私は思います。著者は肯定も否定もしていないようですが。



この本の核心は - 第4部 運を良くする方法 - にあります。運をコントロールすることは本当に可能であるか…著者が話を聞いた、1000人以上の運がいい人に共通する特徴として5つ述べられています。第4部から、特に役立つと思い私が実践している内容をピックアップして紹介します。



運の良い人は勇気がある(第4部第3章)

ここでは勇気ある行動によって幸運を掴んだ人々の例を挙げ、彼らに共通する3つのルールを抽出しています。

勇気があることと向こう見ずなことは同じではありません。ただし、一歩踏み出すのに100%の確証はいらないと思います。人生に失敗はつきものですし、「考えすぎて何も選ばないのが一番いけない」という状況に陥ることは避けなくてはなりません。ある企業について時間をかけて研究し、今後の業績が明るいと確証が持てたとしても、そのころにはその株はすでに買われてしまっていることでしょう。



運がいい人はラチェット効果を働かせる(第4部第4章)

ラチェットは定められた方向と逆には動かないようにする装置のことです。人生が悪い方向に転がり始めた場合、それを止めるのは一般に難しいことです。ここでは、ラチェットをうまく働かせて、悪い流れを断ち切り、運を掴むためにはどうするべきか、述べられています。


私は、銘柄選択において、悪い方向に動き出したとき、大きなダメージを受ける前に逃げ出すことができる銘柄を選ぶようにしています。具体的には、月次の売上や利用実績等の情報が入手できる銘柄を好みます。ユナイテッドアローズ、アークランドサカモト、スターフライヤーなどです。


上記のような銘柄の場合、毎月の数値から、今期の業績がだいたい予想できるので、雲行きが怪しくなった場合は早めに撤退できます。個人投資家にとって情報が乏しい銘柄だと、なぜかわからないが株価が下がり始め、四半期決算のときに始めて業績悪化が判明し、そのときにはすでに株価下落により大きなダメージを受けている…というパターンにはまりやすいのです。


ダメージを最小限にしながら、有望な銘柄をいくつかもっていれば、幸運なことに、急成長して大化けする銘柄にいつかめぐりあえることでしょう。





私が今後の長い投資家人生で身につけたい、運を見方にする技術、それは直感力です。

運の良い人は直感力が強い(第4部第2章)

で、直感とは何か、それを鍛えるためにはどうすれば良いかが述べられており、非常に参考になります。「直感は情報の山から生まれる」「願望と直感を混同してはならない」など納得できる説明が多く、印象的な章でした。

投資をするかしないかの判断を下すとき、情報が多すぎて、完璧に合理的に判断しようとするのには土台無理があります。謙虚に運の力を認め、運を見方につけられる投資家になりたいものです。
 


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ