今日の含み損益は前日比+17,000円(+0.37%)でした。


昨日の記事で触れたばかりのハブですが、今日も+195円(+4.24%)と大きく上昇しています。 昨日の話の続きですが、長期的に安定して成長が見込める銘柄に巡り合うことができたなら、ずっと持ち続けるのがいいと思います。
ちょっとくらい高騰したからといってちょこちょこ利益確定していては、他の魅力的な投資チャンスを探し続ける時間のない兼業投資家は特に、大きく儲けるのが難しくなります。


イメージが湧くように、具体的な数字を使って説明してみます。

毎年2倍になる素晴らしい株が10,000円で売られています。この銘柄を買って、

  1. 10年間保有した後売却する場合
  2. 毎年利益確定して税金を払った後、残った資金で再投資する場合

を考えてみます。なお、税率は20%とし,手数料は無視します。この条件で計算すると下の表のようになります。


02)


最終的に手元に残るお金は約400万円と約200万円で大きく異なるのがわかります。長期的に成長する銘柄をずっと持ち続けることができれば、税の繰り延べ効果は絶大なものになります。


これは説明用の極端な例であって、さすがにハブがこんなに成長するとは思っていませんが、ずっと持ち続ける作戦で行きたいと思っています。