株でサラリーマン卒業

株価の動きに惑わされない投資法とは

長期投資

グランディーズはどこまであがるか?(その2)

グランディーズが少し反発して全体の下げをカバーし、今日の保有株含み損益は前日比+54800円(+0.69%)でした。

昨日の記事の続きですが、5年後のグランディーズの株価を予想してみました。

BPSがROEのうち内部留保に相当する分だけ成長していくとして計算します。単純です。

 関連記事



  • 株価予想を早速やってみる

会社四季報夏号によれば、直近のBPSは436.8円です。無配なので、ROEの分だけBPSは増えていきます。
5年後のBPSの予想として一番楽観的なのは、無配のまま現在のROE36.8%を維持した場合として、
436.8×(1+0.368)^5 = 2,093
このとき、EPSはBPS×ROEより、
2,093×0.368 = 770
仮にPERが10倍なら株価はEPS×PERより、
770×10 = 7,700円
20倍なら
770×20=15,400円

(ずっと無配は続かない?
例えば10%の配当を出すようになれば、ROE36.8%のうち90%がBPSの成長分となりますので、
436.8× (1+0.368×0.9)^5=1,826
EPSは
1,826×0.368×0.9=672
PER10倍なら株価は
672×10=6,720円
やっぱり配当は出してほしくないなあ…)


私の楽観的予想では、5年後に10,000円くらいになっていたら嬉しいなあ、といったところです。


5年間もいまのROEを維持できるわけがない、と思われる場合は、低く見積もったROEで上記の計算をすればいいと思います。それでも20%も30%もあれば恐るべきリターンを生み出すでしょう。
なぜ高いROEを維持できているのか、その仕組みを知っており、今後も継続できると言える自信があってはじめて、上記のような予想を立てることができます。世の中そんなに甘くないので、当然状況が変われば、その都度計算をし直してみることが大事です。

  • なぜ主力銘柄として保有しているか

一番わかりやすい割安さの指標はPERだと思いますが、これが低いということはEPSの伸びが期待されていないということを意味します。本当に将来性がないのか、それとも過度にリスクを避けられているだけなのか。これをしっかり見極める力があれば、市場を出し抜くことができるのではないでしょうか。

私の場合、グランディーズに関しては、流動性が低い、地方の小さな会社、福証銘柄…などわかりやすい弱点(?)がたくさんあり、保有株の中で一番大きすぎるリスクプレミアムがつけられている、と判断して主力銘柄にしているということです。複雑なことは考えていません。シンプルな理由です。


  • 割安成長株が驚異的なリターンを叩き出す理由

そういうリスクプレミアムは、上位の市場に鞍替えすることで小さくなり、すなわちPERの上昇につながります。グランディーズの場合は、2013年9月18日の毎日新聞の記事によれば、「創業10周年までには上位の株式市場に上場したい」、とのことです。会社設立は2006年なので、あと数年内に上位市場を目指すことを意味します。私はこれは十分可能であると予想しており、5年後のPERとして今の8倍よりも大きな10倍とか20倍とか言った数字を使えるのはこのためです。

EPSの成長にこのPER上昇分が掛け合わさって、割安成長株はものすごいリターンを生み出すはずです。時間を味方につけて、それを示すためにも、このブログを長く続けたいと思っています。

保有株と長ーいお付き合いができそうかどうか、それが大事だ

今日でTOPIXは10連騰だそうですね。保有株のほうは数えていませんが全然そんなことはないです。

今日は前日比+106,300円(+1.58%)となかなかよい結果でした。
中でもトラストテックが好調で、年初来高値更新も見えてきました。技術者派遣、請負の業態は今後も大注目なので、安心して保有を続けられる銘柄の筆頭となっています。


何で日経平均やTOPIXがいま上がり続けているのか、正直なところよくわかっていませんし、いつまで上がるのかなんてもっとわかりません。

その時点で、細かく利益確定を積み重ねるような投資法は向かないと自覚しています。保有株に関しては、高いROEを今後も維持できそうかだけに興味があるといっても言い過ぎではありません。 
 

複利の力を実感できていますか?

株式投資を始めるのは早ければ早いほどいいと思います。私は24歳で始めており、現在投資歴3年目です。

理由は一つ、これに尽きると思います。

  • 複利の力を活かせるから

これは誰でも意味はわかっても、実感しない人も多いのではないかと思います。私の場合は投資歴3年目にしてようやく実感が湧いてきました。
日々の資産額増減も確認していますが、その金額もブログ開始当初とくらべるとずいぶん大きくなったからです。ずっと続けていれば、一日で100万円以上上下することも普通のことになるでしょう。

fukuri


グラフはこちらの複利計算&結果表示で作成しました。

3,000,000円を年利15%で複利運用すると
20年後に49,099,612円、約16.37倍になります。
単利では 12,000,000円となり、その差は 37,099,612円です。


だそうです。増資を考慮すればもっと凄まじい金額になるわけですが、これでも十分終盤の伸びが大きいことがわかります。20年目には年間630万円も増やせるのです。これは、いまの私の資産額に匹敵しますが、決して20年後に今より難しいことをする必要はないのです。

100万円を200万円にするのと、1000万円を2000万円にするのとではどちらが容易でしょうか。いろいろな意見があると思いますが、長く投資を続けて、資産を増やしていけば、ますます資産を増やすのが簡単になると思っています。もちろん資産が大きくなりすぎるとまた別の問題で苦しむと思いますが、兼業個人投資家レベルの資産額ではあまり気にしなくてよさそうです。


さて、中途半端ですがこの話の続きはまた明日にしたいと思います。


ツイッターでのみなさんの意見によれば明日は下がるそうですが、長期投資派からすればチャンスが訪れるということですから、ワクワクしないといけませんね。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資ブログランキング
↑ランキング参加中。応援クリックが励みになります。


RSS登録はこちら!(RSSとは)

人気ページランキング
最新コメント
ブログ内検索

参考ブログ更新情報
逆アクセスランキング
livedoor プロフィール
アーカイブ
訪問者数 (UU)

    • ライブドアブログ
    アクセスランキング ブログパーツ